【ブログライティングのコツ】○○の設定が絶対!次に楽しさや時間

今日は、ブログライティングのコツについて書いていきます。

ブログは、得意な人とそうじゃない人と、本当に分かれます。

ブログを運用するのは得意ですか?
私は苦手です(苦笑)

コピーライティングの勉強を本格的に始めた頃、スクールに入りました。その時の課題として、好きなテーマでブログを書き続けようというのがありました。

その際に選んだテーマが、漠然と自己啓発に関することを書き始めたところ、1週間で更新が止まりました。

自己啓発の本は好きですし、自己啓発セミナーも数年にわたり参加したことあり、知識はありました。
知識の棚卸しとして、書き始めたブログでしたが、続かなかったんですね。

なぜ、続かなかったのか。今ではハッキリと理由がわかります。

それは、目的です。
これは、すべてに通じることですが、目的が漠然としたまま走り出し、なかなか書けないということもあってか、モチベーションが徐々に下がっていったのです。

さらに言うと、自己啓発のことを綴ったとしても、ゴールはまったくなく、達成の喜びも得られる見通しが立たなかったのです。

続かない原因をあげれば、きりがないような気がします。

さて、ブログを続ける上で一番重要なのは何でしょうか?

続けられるための要素はいくつかありますが、個人的には目的だと思います。

「なぜ、そのブログを育てていくのか!?」
これに対し、明確に応えられることが続けられる最低条件です。

私の場合は、「自己啓発」をテーマにしても、目的が何もなかったんですね。強いて言えば、目的はライティングスキルの上達でした。

しかし、書けば書くほど、「別のものでも上達できるんじゃない?!」という意識が芽生え、終いにはやらなくなりました。

この目的は、ある意味「設計」とも言い換えられます。
それは、メディアの設計はもちろん、あなたの人生設計において、ブログの運営がどれほど価値があるものなのか。

それを設定する必要があるのです。

さらに、ブログを更新する時間や楽しみながらやる等も大事ですね。

単純に「日々の出来事を綴っていく」というブログも存在します。
これも、やり続けられる人もいらっしゃいます。

しかし、忙しい日々を過ごしていると、「今日も一日、あっという間に終わってしまった」と思い、
それが続いてしまうと、書くことがなくなり、しまいに優先順位が下がってしまいます。

あとは、読者も重要な役割ですね。

読者が求めているものを書いていければ、結果的に続いていくのです。
ただ、活き過ぎると義務感が芽生えてしまうため、辛くなります。

もし、ブログが続けられないという方は、「なぜやるのか!?」を明確にしてからスタートしてみて下さい。