SEOライティングでサイトを上位表示させる設計

いつもありがとうございます。
久しぶりにライティング関連の話題で書いていきます。

SEOライティングという言葉は聞いたことあるでしょうか。
Web検索で上位表示させるための記事制作・コンテンツ制作になります。

書き始めるより目的を明確にするのが先

上位表示させるためには、狙ったキーワードの記事を投下していく必要があります。
つまり、いきなり書き始めるのではなく、設計が大事になります。
そして上位表示させるために、キーワード単体で上げていくのではなく、そもそもサイト全体の設計の目的が何なのかを明確にする必要があります。

目的が明確になってはじめて活きてきます。

逆を考えると納得することで、単純に狙ったキーワードで上位表示されたとしても、流入からコンバージョンに繋がらなければ徒労に終わります。意図して上位表示させたのなら、流入(いわば集客)した方に何かしらのアクションを取ってほしいことでしょう。

一からウェブサイトを立ち上げる場合、全体設計が大事になるので意識してください。いわば、マーケティングの話ですね。

目的によっては、別にSEOライティングは必要になりません。そもそもターゲットとしている方々がWeb検索を行わないならば、頑張って検索ランキング1位を取ったとしても無意味ですね。今回は、Web検索で上位表示するという前提で考えていきます。

キーワードの選定と先読みの力

目的が定まったらキーワードの選定に移ります。
キーワードによっては、上位表示が困難…というかほぼ不可能の場合もあり、どのキーワードで上位表示を狙うかが鍵になります。
最初から無謀なことはやらずに、やりやすいところからはじめていくとよいでしょう。

「上位表示しやすい」とはどういったことか。まだまだ十分な情報が出回っていないという点がひとつ上げられます。検索ロジックの記事ではありませんので、詳細は割愛させていただきますが、検索とは一種の答え合わせです。「検索者は、欲している回答をキーワードを通じて探している」です。言葉単体ならば、その言葉の意味を求めているでしょうし、「◯◯ 方法」と検索したら、◯◯の方法を知りたい。

ということです。手っ取り早く稼ぎたい方は商標を狙う人もいますね。

情報があふれる前に、先に記事を投下することが大事です。

これは経験談になりますが、水素業界にまつわるメディアを運営していますが、「水素吸入」という単体ワードで半年くらい検索ランキング1位を取った経験があります。これは「水素吸入」にまつわる情報がぜんぜん出回っていなかったことと、専門のメディアであるため、元々の情報の濃度が濃かったこと。今では、更新をサボっているため、上位表示されていませんが、週に1回の記事投稿で得た結果です。

コンスタントに継続していくことが大事ということで、しっかりと稼げる設計をしていなかったから、丁度いいタイミングを逃したのです。

キーワード群の作成!最初はロングテールから取っていくイメージ

キーワードの選定が完了したら、そのメインキーワードのサジェストワード(ヤフー虫眼鏡などサービスによって呼び方は変わる)を抽出し、サジェストワードをグルーピングして、それらのキーワードをh2タグ(見出し)に自然に散りばめ、記事の構成を作成します。

記事の書き方として、構成を作ってから書いたほうが良いのは、テーマがブレずに済むから。ちなみに本記事は思考のアウトプットという意味合いが強いので、ある程度のテーマを決めてそのまま書いています(笑)

2語、3語からなるロングテール(しっぽの長いという意味)ワードで、内容を固め、検索ワードに対するアンサーを濃くしていく事が鍵になります。

長い文章を書くのが大事なのではなく、必要なことを書いていくと長くなってしまうのが正しいです。より詳細に書いていくと、その分1記事あたりの文章は長くなります。

ライバルサイトの分析も大事!ただ、ライバルを超えたからといって上位になるとは限らない

どれくらいのボリュームで書いたらよいのか。読者が理解できるくらい詳細を細かくして書いたらよいのですが、参考になるのはライバルサイトの分析です。取りたいキーワードで上位表示されている記事にはどういった事が書かれているのか。最低でも、上位表示されている記事以上の内容になることが大事です。

留意しておきたいのは、ライバルサイト以上の内容になり、オリジナルコンテンツになったとしても、それ以上のランキングアップができるかというのはまた別問題です。上位表示される要素としては、記事のクオリティだけでなく、トータルの記事の多さや価値あるバックリンクなど、ドメインパワーも評価されます。

滞在時間が上がるようなデザインや回遊のための施策、内部リンクやオリジナルの写真利用など様々な要因が鍵になります。

そのため、継続が鍵になっていきます。

【予告】SEO上位表示を得るための実践報告

これは予告になりますが、SEOで上位表示するための実践報告を定期的にアップしていこうかと思っています。こういった情報って基本的に裏情報になるため、あんまり出てきませんが(出てきたとしてもぼやかしたり隠したがる)、汎用キーワードというより固有名詞を上げていくためのワークなので、色々と楽しみながらやってみたいと思っています。

上げたいキーワードは、運用しているシェアスペース「タカラバコ」になります。

汎用的なキーワードとしてなら「池袋 シェアスペース」、「池袋 イベントスペース」になります。バックリンクを得るなら、いくつかのサイトに掲載した方が良いというオチもありますが、ちょっとあえてやらずにやってみたいなと。

まずは「池袋 タカラバコ」、「池袋 シェアスペース タカラバコ」の上位表示を想定して進んでいきます。まず、関連した記事が少なすぎるため、そこからになりますね。

http://miraful.work/takarabako/
上記のページを上位表示させるために、色々と工夫してみます。

連載企画みたいなものなので、乞うご期待。

終わりに

SEOライティングにて上位表示させるには、キーワード選定を行った後、サジェストワードからキーワード群を作り、構成に落とし込んでいきます。2、3語からなるロングテールの検索キーワードから、見出しにワードを散りばめ、内容の濃い(検索ワードに対する回答が十分に書かれている)記事に仕上げていく事が大事です。

ライバルサイトを参考にしつつも、それを超える良質な記事を生み出してください。